Windows 10 Creators Update

今月の6日にWindows10の大型アップデートがありました。

アップデートされたけれどもパッと見はそんなに変わってないように見えます。

が、中身を見てみるといろいろ変わっているようです。

今回は新しくアップデートされた「Windows 10 Creators Update」について

4つほど簡単に解説したいと思います。

アップデート内容はスタート画面から利用できる機能の仕様変更と機能の追加がありました。

まず一つ目は、機能の追加「ブルーライトカット機能の追加」

今まではPC画面の光(ブルーライト)による目への負担を軽減するためにブルーライトカット加工された

メガネなどを利用していましたね。それをブルーライトカット機能を利用すると画面を暖色系の色味に変更し、

ブルーライトを軽減してくれる機能になります。

二つ目は、スタートメニューの機能の追加「タイトルをグループ化する機能」

スタートメニューのタイトルをフォルダにまとめることができるようになり、整理しやすくなります。

三つ目は、仕様の変更「IMEの入力モード切り替えが大きく表示される」

日本語入力の切り替えの際に画面の右下で確認していたのが画面中央に大きく表示されるようになりました。

四つ目は、仕様の変更「Windows Defenderに様々な機能が集約化」

今までは別々の所にあったセキュリティーに関する機能がひとつの場所にまとめられ見やすくなりました。

などなど…。

これら以外にも沢山内容の更新がされているので、アップデートしたけど中身や見た目が変わっていて

分かりづらいなぁ、どんな更新があったのかなぁ等、分からない事や気になる事がありましたら、

いつでもTOWN光パソコンスクールかつらぎ教室のスタッフにお声掛けください。


※アップデートの内容は以下のURLから確認できます。

https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/features